ホーム > コラム > EC業界を変える「バーチャルストア」!新たな顧客体験を創出

EC業界を変える「バーチャルストア」!新たな顧客体験を創出

バーチャルストアの可能性

接客オンデマンド「お問い合わせ」

バーチャルストアの可能性

【インターネットショッピングの現状】

インターネットの普及により、ネットショッピングは一般的になりました。
市場規模は年々拡大を続け、さらに緊急事態宣言やまん延防止措置の影響により外出がしづらくなったことで、さらに拡大しているとされています。
しかし一般的なネットショッピングは、リアルな店舗と同じ顧客体験ができているかといえばそうは言い切れないでしょう。
リアルの店舗では商品を直接手にとり確認することや、店員に話しかけアドバイスを貰いながら選ぶことができます。
一方ネットショッピングでは画像や映像を使ってより詳細な情報を提供しようとしているものの、まだまだ限界があり万能ではありません。
店員に直接質問するのも難しいため、自分で情報を調べたりしながら解消しなければいけません。
もちろんネットにはリアル店舗にはない在庫が豊富、欲しい商品が簡単に見つかるなど優れたメリットはあるものの、完璧とはいえない状況となっています。

【バーチャルストアの普及で変わる】

しかしメタバースが普及しバーチャルストアが一般化すれば、リアルとネットのデメリットは解消しつつ、両方のメリットだけを享受できる新しいサービスを提供できるようになるかもしれません。
メタバース上にオープンしたバーチャルECストアは、従来のリアル店舗で感じられる顧客体験を実現しながらVR空間ならではである体験も同時に提供しています。
具体的には24時間365日営業しているので、顧客はいつでも好きなタイミングでお買い物を楽しむことが可能です。感染症対策として効果的とされる非接触での接客も実現できるために、顧客に安心感を与えることもできるでしょう。
またAR技術と連携することにより、バーチャルストアで販売されている商品を実際に試すことができます。
たとえば家具などの商品なら、実際に自分の住むお部屋に置いたときのイメージもつかみやすくなります。これによりリアル店舗でありがちな家に持って帰ったら以外とサイズが大きく存在感がありすぎて失敗したといった経験はなくなりますし、ネット通販でよくある写真や動画でみたものとは違うといったミスマッチを解消可能です。
ミスマッチが起きると顧客の満足度が大幅に低下してしまいますから、これらのデメリットを解消できるのは大きな魅力でしょう。

【バーチャルストアのメリット】

リアル店舗にもECサイトにもない、新しい顧客体験を創出できるのがバーチャルストアです。
バーチャルECストアのメリットというのは、顧客にだけもたらされるものではありません。
企業側にも多大なメリットがあり、その効果は顧客が受けるもの以上と言っても過言ではないほどです。
企業にもたらされるメリットとは、販売促進の効果が高い点です。
エンドユーザーは24時間365日商品にアクセスできるわけですから、認知から購入までの離脱率を抑えることができます。

また顧客と非接触になることにより感染リスクなどは低下しますし、そもそもこれまでのように対面での接客が不要になりますから、店内に店員を並べる必要がなくなり人件費の削減にも繋げることができるでしょう。

削減できるコストは人件費だけではなく、リアル店舗ならテナントの賃料なども削減可能ですし、EC、サイトを運営する外注費も抑えることができます。
ネット通販のサイトを運営していると、商品を魅力的に見せるためプロのカメラマンに撮影を依頼することや、高価な機材を用意し美しく鮮明な画像に仕上げる必要がありましたが、それらも不要になるためかなりのコストカットになるでしょう。

またマーケティングという観点からも、優れたメリットがあります。
ストア内での顧客の動きや曜日時間帯別のアクセス数などをデータ化し、それを分析することでどの商品が注目されているのか手にとるようにわかりますから、マーケティングにも大いに活かせるでしょう。
外部サービスと連携させることでMEO対策にもなりますから、マーケティングの面からも非常に魅力的です。

【リアル店舗からバーチャルストアへ】

ウェブでのビジネスが重要性を増しているため、最近では街の小さな店舗でもECサイトを作ったりしていますが、まだまだ持っていない店舗も少なくありません。
店舗を持たない理由はコスト的に難しい、技術もなければ人員を割く余裕がないなどさまざまです。
しかしバーチャルストアなら、こうした現在ネット上に進出していない店舗でもAPI機能を駆使すれば比較的簡単に導入可能です。
リアル店舗のみのオーナーでも安心して導入できるので、新しいビジネスチャンスをつかめるようになります。
もちろん既にネット上で商品を販売しているオーナーも、バーチャルストアへの導線設計ができるので有利になるメリットがあるでしょう。
新しい顧客体験を創出できるバーチャルストアには、エンドユーザーと企業の双方に多大なメリットがあります。
リアル店舗とECサイトが融合したと言っても過言ではない新しいビジネスの手法なので、これからの展開もますます注目を集めていくのは間違いありません。

「接客オンデマンド」を導入することで、「リソースの最大化」「人手不足の解消」「事業の拡大」など、さまざまな可能性をご提供できます。特に「運用支援」においては、長年、販売店での社員教育などをおこなってきた「ビーモーション株式会社」のノウハウ、ナレッジを惜しみなくご提供し、成果の出る「オンライン接客」を実現します。
詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

ビーモーション株式会社 代表番号
03-5979-7100
受付時間 10:00-18:00 音声ガイダンスあり