ホーム > コラム > Tag3 > もうここまできてるAIチャットボット!身近な例から最新の現場を知る

もうここまできてるAIチャットボット!身近な例から最新の現場を知る

AIチャットボットのイラスト

 

接客オンデマンド「お問い合わせ」

【質疑応答を便利にするチャットボット】

AIチャットボットのイラスト

ユーザーの質問に対して自動で応答するチャットボットは、短文のやり取りをリアルタイムで行えるツールとしたさまざまな企業で導入されています。まるで人間のような感覚で質疑応答が行えるため、ユーザー側からしても気軽に利用できるのが魅力でしょう。

企業側からすると従来ならばすべて人力で行ってきたリアルタイムの質疑応答を任せることができるため、コストダウンの一環としても役立っています。

AIを採用したボットはさらに精密な会話が可能となっており、質問に対してより精度の高い会話が可能です。AIの進化によって、より人間らしい会話に近づきつつあると言えます。

その利便性から企業の公式サイトやSNSでも設置される機会が増えており、多くの人に認知されつつあります。進化し続ける「AIチャットボット」はどんなもので、どのような例があるのでしょうか。最新事例や活用方法について確認してみましょう。

接客オンデマンド「お問い合わせ」

【「ディープラーニング」で愛嬌ある会話を実現】

AIチャットボットは質疑応答などのやりとりから機械学習を行ない、蓄積されたデータから最適な答えを導き出すことができます。まだやり取りを始めて間もなく、データ例が少ない期間においては、コンピューターと話しているかのような味気ないやり取りになってしまいがちです。初期は学習を行うための期間となっており、精度を上げるための学習が必要となるでしょう。ユーザーと会話を続けてデータが蓄積されると、本物の人間と話しているかのような自然な会話が可能になります。機械学習によって最適な会話を導き出し、よりスムーズでキャラクターに合った会話ができるようになるのが特徴です。

これまでのコンピューターにとって、柔軟な会話は苦手な分野でした。いつも人間同士が行っているような何気ない会話を実現するためには、曖昧な状況や言語から返答を導く高度な処理が必要です。曖昧さを苦手とするコンピューターにとって長く苦手分野であった柔軟な会話は、自然言語処理の発展によって進化していきます。

「ディープラーニング」の名称でも知られる機械学習は蓄積されたデータから愛嬌のある会話を可能とし、現在においても続くAIブームの先駆けを作り出しました。

進化したAIチャットボットを積極的に導入することで、企業はユーザーに対して顧客体験の提供を行っています。質疑応答に対するコストダウンの意味を持ちつつも、自社にしかない顧客体験として導入することで他者に対して優位に立ち、企業イメージの向上にも寄与することができるでしょう。

ボットの提供サービスを行っている企業も多種多様な機能を付け加え、あらゆるシチュエーションにおいて導入しやすいように配慮しています。ユーザー側にもごく当たり前の機能として認識された現代においては、設置するだけで顧客満足度のアップにも繋がり、重宝される存在です。

【「AIチャットボット」の最新事例や活用方法】

身近な事例としてはSNSやメッセンジャーアプリへの搭載などが挙げられるでしょう。コミュニケーションの窓口になって活用されている他、キャンペーンのお知らせやクーポンの配布などにも使われています。クーポンの受け取りのため、ユーザーとして利用したことがある人も多いかもしれません。ユーザー側からするといつも利用しているSNSやメッセンジャーアプリを開くだけと操作も簡単で、気軽に最新クーポンや情報を受け取れるなどのメリットがあります。

改めて新しいアプリをインストールする必要がない、日常的に使っているメッセンジャーを開くだけと操作も簡単です。見慣れたインターフェイスから遷移することなく、そのまま利用できるのもメリットでしょう。

質問があったらそのまま窓口として利用できる例もあり、企業と気軽にコミュニケーションを取ることができます。メッセンジャーアプリとの組み合わせは幅広い企業に活用されており、宅配会社や証券会社も導入している方法です。その他の業種の企業も続々と参入を続けており、メッセンジャーアプリやSNSへの導入は当たり前のものとなりつつあります。

また、アパレルブランドの中にはメッセンジャーアプリ内にオンラインストアを開店した例もあり、ここではチャットボットが接客を行っています。自分にあった商品や季節の商品、おすすめ商品などの質問をすることで、ボットが自動的に最適なアイテムを答えてくれます。

その他にも飲食店予約代行や、Webサイトに設置してカスタマーサポートに利用するなどの例があり、アイディア次第で多種多様な使い方ができるのも魅力です。

カスタマーサポートとして設置した例では、ボットには対応が難しい場合には有人対応へとスムーズに切り替えを行ない、ユーザーに対して最適な回答ができるように配慮されています。顧客満足度アップにも役立つ事例であり、優秀なカスタマーサポートとしての機能が可能です。

他にも多くの事例があり、企業が導入するチャットボットはそれぞれの特色を見せつつも、ユーザーに新しい顧客体験を提供しています。

接客オンデマンド「お問い合わせ」

「接客オンデマンド」を導入することで、「リソースの最大化」「人手不足の解消」「事業の拡大」など、さまざまな可能性をご提供できます。特に「運用支援」においては、長年、販売店での社員教育などをおこなってきた「ビーモーション株式会社」のノウハウ、ナレッジを惜しみなくご提供し、成果の出る「オンライン接客」を実現します。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

ビーモーション株式会社 代表番号
03-5979-7100
受付時間 10:00-18:00 音声ガイダンスあり