ホーム > コラム > チャットボットは働き方改革の背中を押す!最新の導入事例から学ぶ

チャットボットは働き方改革の背中を押す!最新の導入事例から学ぶ

チャットボットと働き方改革

 

接客オンデマンド「お問い合わせ」

仕事の仕方は時代とともに変化し、最近ではインターネットを用いたものやAIを用いたものが増えてきています。よくAIの時代と言われていますが、これからはAIの時代と言うよりもAIとロボットが合体した時代と言うのが正しいところです。

AI自体は、検索エンジンなどが既にこれを導入しており、1990年代からAIがスタートしたといっても言い過ぎではないところです。では、今後はどのように仕事自体が変化をしていくのでしょうか。そのヒントとなるのが、チャットボットと呼ばれるものになります。

チャットボットと働き方改革

AIチャットボットとは?】

チャットボットとは、AIが行うチャットのようなものです。

もう少しわかりやすく言うと、例えばサービス業でサービスを提供している会社があるとします。この場合、サービスの提供を受けたお客さんの中には、サービスに関する疑問を持っている人もいるかもしれません。あるいは、アフターサービスなどを求めてくるケースも少なくないでしょう。このような場合、従来であれば人間が対応していました。人間がカスタマーセンターなどに勤めており、そこでわからない人から電話が来てそれを受け取ることで、疑問を解決していたわけです。このように人間が必ず必要だったカスタマーサービスに関しては、最近人間が必要にならなくなったといえます。

人間の代わりに、チャットボットと呼ばれるAIのロボットが対応してくれるのが特徴といえます。この仕組みはなかなか理解しにくい部分がありますが、最近のAIは人間の質問に対して的確に答えてくれるのが特徴です。例えば、スマートフォンに埋め込まれているAIは、何か質問をすると的確に答えてくれます。例えば明日の天気を知りたいと伝えた場合には、その地域の明日の天気を教えてくれるのが特徴です。また、あなたのことが好きですなどと全く要件と異なる内容を伝えた場合でも、的確な答えが返ってくるため正しく人間が対応しているように感じてしまうかもしれません。

AIの進化と働き方改革】

このように、いくつかのパターンがAIの中に埋め込まれており、それを利用することで人間の代わりにすることができるわけです。大抵の問題に関しては的確に答えてくれるため、人間がいらなくなり働き方が完全に変わったと言っても良いかもしれません。

働き方改革と言われるものは随分と前から考えられていますが、今後の働き方改革と言えるのは人間が入らなくなった状態を意味しています。つまり、今までサービスで行っていたチャットレディー等は全てチャットボットに変わっていく可能性があるでしょう。そうすると、今までチャットレディーをしていた人は仕事自体を減らすことができるか、あるいは職業を変えていかなければいけません。

接客オンデマンド「お問い合わせ」

【経営者から見たメリット】

一方で違う方向から見ると、経営者はこれを利用することでたくさんのメリットが存在しています。経営者が行うのは、とにかく経費を減らして利益を出すことです。売り上げがいくら高くても、必要以上に経費がかかってしまってはあまり意味がありません。ちなみに経費の中で1番大きなものは、大抵の会社で人件費です。従業員としてたくさんの人を雇った場合、これらの人に対しては必ず給料を払うのが決まりです。

しかし、もし人間の代わりに人間と同じような働きをするAIが登場した場合には、まず会社としてはなるべく人件費をカットする形で仕組みを整えてくるはずです。言い換えるならば、人間を雇わずにチャットボットなどを利用することで対応することができるならば、その仕組みを選択するに違いありません。

【チャットボットか人件費か?】

チャットボットは、いくつかの会社が提供しています。すでに、特別な技術ではなくなったと言っても良いかもしれません。アメリカなどでもよく使われているもので、現在は日本語バージョンなどが開発されており、日本国内でもかなりの数が流通しています。これを利用する場合には、一括して購入するのも1つの方法かもしれません。しかし、購入をする場合初期費用が馬鹿にならないためいきなり購入をするのではなく「レンタル」という形で行うのが良いかもしれないです。

例えば、1ヵ月あたりいくらと言う感じでお金を払っていき、その仕組みを利用する形になります。

経費に関しても頭に入れておかなければならないところですが、仮に人間を雇う場合とほとんど変わりないならば、どちらを選ぶか迷うところです。単純に考えれば、人間を雇うよりもロボットを雇った方が良いといえます。なぜならロボットは、人間と異なり感情がないため、問題を起こすようなケースは少ないからです。

人間の場合は、その人の感情を損ねたりあるいは体調を崩したりすることで欠席をするケースや突然辞めてしまうこともあるかもしれません。そうすると、穴埋めのための対応などに追われてしまいもはや通常の仕事どころではなくなってしまいます。

ですがロボットの場合であれば、まず欠席をするような事はなく故障をしなければかなりメリットがあると言えるでしょう。半分はロボットで半分人間を導入した場合でも、働き方改革に役立つといえます。

接客オンデマンド「お問い合わせ」

「接客オンデマンド」を導入することで、「リソースの最大化」「人手不足の解消」「事業の拡大」など、さまざまな可能性をご提供できます。特に「運用支援」においては、長年、販売店での社員教育などをおこなってきた「ビーモーション株式会社」のノウハウ、ナレッジを惜しみなくご提供し、成果の出る「オンライン接客」を実現します。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

ビーモーション株式会社 代表番号
03-5979-7100
受付時間 10:00-18:00 音声ガイダンスあり